FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒子


なにか、ふとももに黒い点が見えた気がした。
こんなところに黒子なんてなかったはずだけれど、
ごく近くしか視界に入らない。

それが血のしずくだと気づいても
どうしてそこに滴っているものなのか…
私にはわからなかった。

今、身体がどうなっているかもわからなかった。
ただ無数のひきつりと、枷をいただいて重たい舌、
それから主が目の前で愉快そうになさっている気配だけ。


寝入る間際、主の右掌のきわに
私の血液がついているのを見て慌てる。
汚い。
主は、
「あぁ」と右肘を持ち上げて
自らの舌で拭ってみせた。
驚いて思わず見上げた主の目には
先程とはまた趣の異なる愉快気な色。

主の身体のどこに黒子があるのか
私はまだよく知らない。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。