FC2ブログ

円網


背後から耳朶にふれるかと思うほどに
近く迫る主のくちびるが低く囁く。
「知っているぞ」
決して深い意味はなかったのに
すべて見透かされているのだと
思わずその場にへたり込みそうになった。


ただ主の一瞥で膝を折り、頭を垂れ
頭蓋がみしとたてる音をきく。
瞬時に潤む裂け目は
脚の間から透明な糸をめぐらす。

搦め捕られるのは、だれ。
スポンサーサイト
[PR]